社長のブログ

社長のブログです。日々の徒然について記しています。

ブログ一覧

和風豆腐ハンバーグを作ってみた。

冷蔵庫を開けると賞味期限が本日限りの木綿豆腐が1丁あった。

捨てるのは勿体ないので、豆腐1丁を使って何か1品・・・

調理をするときはいつも献立に迷ってしまう。

世の主婦の皆さんはどうやって献立を決めているのだろうか?・・・いい案があったら教えてほしい

ところです。  因みに私は季節は勿論 考慮して基本 和食、洋食、中華のローテーション

で回してます。

という事で今回は和風豆腐ハンバーグ!(何の根拠もないけど・・・・)

先ずは豆腐をキッチンペーパーで包み水気を切る。

その間に芽ヒジキの煮物をつくる。

水でもどした芽ヒジキ約20gをフライパンに胡麻油を中火で熱し炒めていく。

油がまわったら出汁を加え、酒、砂糖、醤油からめて煮汁がなくなるまで中火で煮る。

あいたフライパンに玉ねぎの微塵切を入れサラダ油がまわってしんなりするまで炒める。

炒めた玉ねぎをボウルにとり粗熱をとる。

時間が勿体ないので、和風ダレを合わす。 (だし汁、砂糖、みりん、しょうゆ)

いよいよ、これからタネづくり。・・・・

ボウルに豆腐を手で適当にちぎっていれ、鶏のひき肉、玉ネギの微塵切り、芽ヒジキの煮物、しょうがの微塵切り、卵黄、パン粉、小麦粉、ナツメグ、塩、こしょう を合わせて練込む。

まとまったら、手にサラダ油をぬり、好みの大きさに形成・・・(パンパンとキャッチボールの要領で

空気をぬきながら。)

さーて ここから本調理

フライパンにバターを熱し、ハンバーグを焼いていく。  焼き色がついたらひっくり返し

蓋をして暫く、蒸し焼き状態に!(弱火で)

作っておいた<和風ダレ>を加え、ハンバーグに回しかけながら煮からめて取り出し器に盛り付け

<和風ダレ>を残しトロミがつくまで煮詰めてやる。

器に盛ったハンバーグの上からタレを回しかけ、大根おろし、おろしショウガ、ネギの小口切りを

のせてやれば、出来上がり!!

見た目はそれほどでもないけど、味はそこそこいけました とさ!・・・

 

 

炒飯と卵スープ

ここ最近は畑作りに関して雑草の処理などで手いっぱいだった為 主にその事に関するブログ

を書き込んでいましたが、ちよっと心機一転で趣味のひとつでもある料理についての記事を書いて

みます。

久しぶりです・・・ 趣味でもあるのですが 今やほぼ毎日のように日課となっている夕食作りに

ついて今回は中華の定番 炒飯とスープです。

炒飯は海老炒飯にして、スープは卵スープにトライしてみました。

先ず、炒飯に使う油作りからのスタート・・・・・・

①鍋にサラダ油を適量入れて、長ねぎを適当な長さに切り、ニンニクを一かけうすくスライスして

サラダ油の中にいれ弱火からコツコツと揚げる。(ネギ、ニンニクの色が変わり香りがする位)

②海老の下処理をする。(あれば、背ワタをとり 殻をとり塩、片栗粉で揉みこみ冷水にとり

よーく洗う)

③海老を含め、その他の具材を切る。(海老は適当にカット、長ねぎ、ニンジンは微塵切り、青ネギ

は小口切り)

④ごはんを適量 皿に入れ酒を少々とサラダ油を少々かけてごはんを軽く混ぜ込みほぐしておく。

⑤卵を溶いておく。

⑥鍋を温め油を入れて油ならしをして、①のネギ油を大匙1,5ほど入れ卵を流し込み

ご飯をすぐに入れ鍋に押し付けながら炒めていく。

(今回は中華なべは使わずフライパンでした。)

⑦あるていど炒めると卵とごはんがからまってほどよい状態になるので(パラパラ感)ここで

塩、こしょう して具材を投入(書くのを忘れてたけど、海老はボイルしています。)

しばし、炒めて油を少量ふりかける。

最後に長ネギ、青ネギを入れて醤油を小さじ1ほど入れて完成。・・・

 

卵スープは鍋に水、鶏がらスープの素をいれ火にかけ 酒、塩、こしょう、醤油で味付け

沸いたら火を止め、水溶き片栗粉を入れ再度火を付けてとろみがついたら卵を回しかけて

完成 ・・・

細かい所は省略していますが、(調味料の分量など・・・) 炒飯作りで拘っているのは、油!!

ラードなども使っていましたが、経験から言えばネギ油の方が中華料理屋さんの味に近いと

思われます。 (個人的な見解ですが)

中々の出来でおいしく頂きました。

 

雑草を刈込む為に畝を崩した

野菜作りを始めようと計画していた土地の畝を先日何とか、崩した。

マルチシートで保護していた畝だったが、度重なる台風などの影響でマルチが飛ばされ

瞬く間に雑草が生えてしまったからだ。

毎年 雑草の処理はしていたのだが、今年こそはと一念発起して土地を有効活用しようと

思い初めての試みとして野菜の栽培を計画して今頃は予定通りいっている筈だったのだが・・

何ともうまくいかないものである。

又、一からのやり直しになってしまった。

トラクターの畝立の部品を取りのけ 畝を崩しながら雑草も漉き込む。

1回では畝が平らにならないから、何回も往復耕を繰り返し何とか、概ね平地になった。

思ったより結構、時間がかかったが、スタート地点に返ったようだ。

ここから又 土づくり 畝立て を再開して実践あるのみ。

それにしても、農業に携わっている人がいかに大変かという事が改めて分かった。

これから、色々と勉強して知識をもっと知識も身につけないとダメだなあ。

 

バナナの成長過程と台風と

土づくりと並行して行っている バナナの育成ですが、夏の暑い時期にかなり大きくなって

一応順調に成長しているように思われます。

鉢の植え替えを1回行ってから 急激に大きくなったのが4本 残りの1本はそれまで

順調に成長していましたが、どういう訳か(個体差なのか?)えらい小さいです。

毎日 水やりをしていますが、その1本だけ 何となく他と比べると水はけが悪いような気が

します。  同じように赤玉土と腐葉土を混ぜ込んだつもりですが・・・・

今 様子を見ている状況です。

これから、冬にむかっていくので 成長度合はおそらく遅くなるから春先にならないと

判断は難しいと思うが、取り敢えず冬をむかえるまでに、もう1回植え替えをしようかなと。

ところが、又〃 台風25号の影響で(愛媛はそれはしましたが、)風が強く全ての鉢が倒れて

しまい 葉がぼろぼろに 茎径も傷がつき どうしたものかと・・・

このところ、台風(雨、風)で畑づくりは思うように進まず おまけに一応順調だったバナナまでも

悲惨な状況になり自然災害は本当に馬鹿にできないと改めて考えさせられました。

とにかく、この状況を何とかしないたいけないのですが 週末しか動けなくておまけに

10月7日は地元の地方祭があり(何とか無事に終了) 次の週も地元の運動会やらで中々

思うように動けない!  せめて10月中にはバナナの植え替えを再度しようかと考えています。

それが終わったら、畑づくりをまた一から(雑草の処理~)スタート 心が折れそうですが

一つ一つ前進していこう!。

これらの写真は台風で倒れる前の写真です。

どうも思ったようにいかなくて!

久しぶりのブログを書いています。

前回のブログからかなり日時があきましたが、前回はたしか 畝を立てたけれど、台風の影響で

マルチシートを剥がし 中々思ったようにいかなくて そうこうしているうちに雑草がまた生えて

しょうがないから、又、草刈りをして 畝を崩して再スタート というはずが・・・・

何故か、週末には雨が降り 挙句の果てに 9月30日(日)には、またまた台風24号がやってきて

 

この1か月あまり 一体なにをしてきたのか・・・ 本当に計画したようにはいかなくて

思ったようにならない なぁー と。  まあ 天候が相手だからしょうがないとはこの事かと・・・

おかげで、当初の予定が大幅に後にずれ込んでいる状態です。

10月は第1週末には祭りがあり、その次の週末は地域の運動会があり、何かと行事ごとが

多いので 天候とそうだんしながら、何処かの日で土づくりのやり直しを考えよう。

雑草の処理から始まり畝を一旦崩して 耕耘して再度 肥料をやって 畝立て 植え付け と

出来ればいいのだが、そうは簡単にはいかないだろう。

畑で野菜栽培も結構 思ったほど簡単ではなく、難しいと改めて思った。

何をやるにしてもそうだが、一つの商品を作るのはそんなに容易いことではない。

 

知識の習得や情報を取り込み、経験をすることでひとつひとつ学んでいくんだろう と思う

兎に角、計画は大幅に遅れているけれど、少しづつ遅れを取り戻して 今年こそは

「雑草が生えてる土地からの脱却を目指して」 を目標に頑張ろう。