和風豆腐ハンバーグを作ってみた。

冷蔵庫を開けると賞味期限が本日限りの木綿豆腐が1丁あった。

捨てるのは勿体ないので、豆腐1丁を使って何か1品・・・

調理をするときはいつも献立に迷ってしまう。

世の主婦の皆さんはどうやって献立を決めているのだろうか?・・・いい案があったら教えてほしい

ところです。  因みに私は季節は勿論 考慮して基本 和食、洋食、中華のローテーション

で回してます。

という事で今回は和風豆腐ハンバーグ!(何の根拠もないけど・・・・)

先ずは豆腐をキッチンペーパーで包み水気を切る。

その間に芽ヒジキの煮物をつくる。

水でもどした芽ヒジキ約20gをフライパンに胡麻油を中火で熱し炒めていく。

油がまわったら出汁を加え、酒、砂糖、醤油からめて煮汁がなくなるまで中火で煮る。

あいたフライパンに玉ねぎの微塵切を入れサラダ油がまわってしんなりするまで炒める。

炒めた玉ねぎをボウルにとり粗熱をとる。

時間が勿体ないので、和風ダレを合わす。 (だし汁、砂糖、みりん、しょうゆ)

いよいよ、これからタネづくり。・・・・

ボウルに豆腐を手で適当にちぎっていれ、鶏のひき肉、玉ネギの微塵切り、芽ヒジキの煮物、しょうがの微塵切り、卵黄、パン粉、小麦粉、ナツメグ、塩、こしょう を合わせて練込む。

まとまったら、手にサラダ油をぬり、好みの大きさに形成・・・(パンパンとキャッチボールの要領で

空気をぬきながら。)

さーて ここから本調理

フライパンにバターを熱し、ハンバーグを焼いていく。  焼き色がついたらひっくり返し

蓋をして暫く、蒸し焼き状態に!(弱火で)

作っておいた<和風ダレ>を加え、ハンバーグに回しかけながら煮からめて取り出し器に盛り付け

<和風ダレ>を残しトロミがつくまで煮詰めてやる。

器に盛ったハンバーグの上からタレを回しかけ、大根おろし、おろしショウガ、ネギの小口切りを

のせてやれば、出来上がり!!

見た目はそれほどでもないけど、味はそこそこいけました とさ!・・・

 

 

炒飯と卵スープ

ここ最近は畑作りに関して雑草の処理などで手いっぱいだった為 主にその事に関するブログ

を書き込んでいましたが、ちよっと心機一転で趣味のひとつでもある料理についての記事を書いて

みます。

久しぶりです・・・ 趣味でもあるのですが 今やほぼ毎日のように日課となっている夕食作りに

ついて今回は中華の定番 炒飯とスープです。

炒飯は海老炒飯にして、スープは卵スープにトライしてみました。

先ず、炒飯に使う油作りからのスタート・・・・・・

①鍋にサラダ油を適量入れて、長ねぎを適当な長さに切り、ニンニクを一かけうすくスライスして

サラダ油の中にいれ弱火からコツコツと揚げる。(ネギ、ニンニクの色が変わり香りがする位)

②海老の下処理をする。(あれば、背ワタをとり 殻をとり塩、片栗粉で揉みこみ冷水にとり

よーく洗う)

③海老を含め、その他の具材を切る。(海老は適当にカット、長ねぎ、ニンジンは微塵切り、青ネギ

は小口切り)

④ごはんを適量 皿に入れ酒を少々とサラダ油を少々かけてごはんを軽く混ぜ込みほぐしておく。

⑤卵を溶いておく。

⑥鍋を温め油を入れて油ならしをして、①のネギ油を大匙1,5ほど入れ卵を流し込み

ご飯をすぐに入れ鍋に押し付けながら炒めていく。

(今回は中華なべは使わずフライパンでした。)

⑦あるていど炒めると卵とごはんがからまってほどよい状態になるので(パラパラ感)ここで

塩、こしょう して具材を投入(書くのを忘れてたけど、海老はボイルしています。)

しばし、炒めて油を少量ふりかける。

最後に長ネギ、青ネギを入れて醤油を小さじ1ほど入れて完成。・・・

 

卵スープは鍋に水、鶏がらスープの素をいれ火にかけ 酒、塩、こしょう、醤油で味付け

沸いたら火を止め、水溶き片栗粉を入れ再度火を付けてとろみがついたら卵を回しかけて

完成 ・・・

細かい所は省略していますが、(調味料の分量など・・・) 炒飯作りで拘っているのは、油!!

ラードなども使っていましたが、経験から言えばネギ油の方が中華料理屋さんの味に近いと

思われます。 (個人的な見解ですが)

中々の出来でおいしく頂きました。

 

雑草を刈込む為に畝を崩した

野菜作りを始めようと計画していた土地の畝を先日何とか、崩した。

マルチシートで保護していた畝だったが、度重なる台風などの影響でマルチが飛ばされ

瞬く間に雑草が生えてしまったからだ。

毎年 雑草の処理はしていたのだが、今年こそはと一念発起して土地を有効活用しようと

思い初めての試みとして野菜の栽培を計画して今頃は予定通りいっている筈だったのだが・・

何ともうまくいかないものである。

又、一からのやり直しになってしまった。

トラクターの畝立の部品を取りのけ 畝を崩しながら雑草も漉き込む。

1回では畝が平らにならないから、何回も往復耕を繰り返し何とか、概ね平地になった。

思ったより結構、時間がかかったが、スタート地点に返ったようだ。

ここから又 土づくり 畝立て を再開して実践あるのみ。

それにしても、農業に携わっている人がいかに大変かという事が改めて分かった。

これから、色々と勉強して知識をもっと知識も身につけないとダメだなあ。

 

バナナの成長過程と台風と

土づくりと並行して行っている バナナの育成ですが、夏の暑い時期にかなり大きくなって

一応順調に成長しているように思われます。

鉢の植え替えを1回行ってから 急激に大きくなったのが4本 残りの1本はそれまで

順調に成長していましたが、どういう訳か(個体差なのか?)えらい小さいです。

毎日 水やりをしていますが、その1本だけ 何となく他と比べると水はけが悪いような気が

します。  同じように赤玉土と腐葉土を混ぜ込んだつもりですが・・・・

今 様子を見ている状況です。

これから、冬にむかっていくので 成長度合はおそらく遅くなるから春先にならないと

判断は難しいと思うが、取り敢えず冬をむかえるまでに、もう1回植え替えをしようかなと。

ところが、又〃 台風25号の影響で(愛媛はそれはしましたが、)風が強く全ての鉢が倒れて

しまい 葉がぼろぼろに 茎径も傷がつき どうしたものかと・・・

このところ、台風(雨、風)で畑づくりは思うように進まず おまけに一応順調だったバナナまでも

悲惨な状況になり自然災害は本当に馬鹿にできないと改めて考えさせられました。

とにかく、この状況を何とかしないたいけないのですが 週末しか動けなくておまけに

10月7日は地元の地方祭があり(何とか無事に終了) 次の週も地元の運動会やらで中々

思うように動けない!  せめて10月中にはバナナの植え替えを再度しようかと考えています。

それが終わったら、畑づくりをまた一から(雑草の処理~)スタート 心が折れそうですが

一つ一つ前進していこう!。

これらの写真は台風で倒れる前の写真です。

どうも思ったようにいかなくて!

久しぶりのブログを書いています。

前回のブログからかなり日時があきましたが、前回はたしか 畝を立てたけれど、台風の影響で

マルチシートを剥がし 中々思ったようにいかなくて そうこうしているうちに雑草がまた生えて

しょうがないから、又、草刈りをして 畝を崩して再スタート というはずが・・・・

何故か、週末には雨が降り 挙句の果てに 9月30日(日)には、またまた台風24号がやってきて

 

この1か月あまり 一体なにをしてきたのか・・・ 本当に計画したようにはいかなくて

思ったようにならない なぁー と。  まあ 天候が相手だからしょうがないとはこの事かと・・・

おかげで、当初の予定が大幅に後にずれ込んでいる状態です。

10月は第1週末には祭りがあり、その次の週末は地域の運動会があり、何かと行事ごとが

多いので 天候とそうだんしながら、何処かの日で土づくりのやり直しを考えよう。

雑草の処理から始まり畝を一旦崩して 耕耘して再度 肥料をやって 畝立て 植え付け と

出来ればいいのだが、そうは簡単にはいかないだろう。

畑で野菜栽培も結構 思ったほど簡単ではなく、難しいと改めて思った。

何をやるにしてもそうだが、一つの商品を作るのはそんなに容易いことではない。

 

知識の習得や情報を取り込み、経験をすることでひとつひとつ学んでいくんだろう と思う

兎に角、計画は大幅に遅れているけれど、少しづつ遅れを取り戻して 今年こそは

「雑草が生えてる土地からの脱却を目指して」 を目標に頑張ろう。

せっかく畝立てしたけれど・・・

前回 畝を立てて 肥料を蒔き土に混ぜ込んでさあー マルチシートかけて

準備万端だと思っていたが、台風19、20号の影響でマルチシートがめくれてしまい

何回もかけ直しをするはめに・・・・

 

やってもやっても めくれるので堂々巡りになり最終的に断念してマルチを取り除く事に。

 

せっかく苦労して労働したことが全くの無駄になってしまいました。

何をするにも中々 簡単ではないと改めて思い知らされました。

なにせ、初めての経験なので「そりゃー 最初からうまくはいかないだろう」 とは思って

いましたが・・・    どうも 畝の幅が広いのと高さが高いので マルチの横幅に

マッチしていないと思われる。

猛暑のなか、汗をかきながら 苦労してやったのに・・・・・

でも、今回 色々と 勉強になりました。

マルチシートはもったいないので、次回何かに使えるだろうという事で取り敢えず保管して

又、近々トラクターを入れて 畝を崩して平地にして再度 畝を立てる作業をする事に

決定しました。(苦渋の決断) でも どうやら肥料は前回蒔いているので次回はやらなくても

いいらしい。  天候と相談しながら再チャレンジ!

今度こそは 畝の幅と高さを考慮して失敗しないように頑張ってみます。

 

誰か、詳しい人がいたら 教えて下さい・・・・ と思う今日この頃です。

畝立て

2回目の耕耘 漉き込みを終えてから雑草が早くもチョロチョロと生育している。

何とかしないと前年のようにまた、雑草処理におわれてしまう。 との思いから

農機具販売の担当者に連絡して畝立ての器具を調達。

指導をしてもらい取り敢えず畝立てをすることに・・・

何分 何も知らないので器具の取り付けから始まり 現地に行って色々と教えてもらった。

機械の操作は何となくわかるのだが、手法がわからない。

言われるがままに、トラクターを動かす。  なんと往復すると畝が出来ている。

少し感動・・・ でもこれ 機械がなかったら、かなり大変な作業だと改めて思った。

とてもじゃないけれど 人力ではできそうにない。 トラクターの有難さが身にしみる。

約1時間ほどで5本の畝立てが出来た。 今回はこの位で終わりにして空いているところは

これから、考える事にしよう。

さて、畝立ては出来たのですが、この後 何をすればいいのかがわからない。

このまま、ほおっておくとまた草が生えてくるだろうし  とりあえず マルチシートをかけて

雑草対策をするのが いいのか それとも土づくりをするのか・・・

悩んでたいたので JAにマルチシートを買いに行ったついでに職員の人に聞いてみたのだが

その人いわく、 先ず 「土を漉き込んで肥料を混ぜてからマルチをかけてやるのがベストです」

との事のようで、 エー ならば 平地に肥料を蒔いてトラクターで漉き込んで畝立てをする

のが良かったの。  と言うような結論に・・ でも畝は出来てるし どうしたものか?

結局 マルチをかける前に土に水を含ませた方がいいとの事だったので16、17日くらいに

降るであろう雨に期待して その前に肥料を蒔いて土を混ぜるのが先だと思いマルチを

買いにいったのに化成肥料を購入して人力で3つの畝に肥料を蒔いて鍬で土に混ぜ込み

何とかなんちゃって土づくりを完了(あと畝2つは未だだけど 猛暑の為体力的に断念・・・)

とにかく雨が降るのを待って マルチシートをかけて様子を見る事にします。

まだまだ やることが沢山あるけど とにかく頑張ってみます。

(平地のところはまた 草が生えるんやろなぁ・・・)

暑い夏の夕食と雑草の処理2

さつま汁を作ってから夏らしい夕食ということで冷やし中華、冷やしぶっかけうどん

なるものを連チャンで作ってみた。

1年前に冷やし中華のごまだれバージョンをつくったので、今回は醤油だれバージョンを。

先ずは胡瓜、ハムの細切り 錦糸卵 トマト を用意して

醤油だれを作り  暫く冷蔵庫にて保管

中華めんをゆがいて冷水にとり よく揉みこんで 仕上げ。

こんな感じです。  案外おいしゅう頂きました。 とさ

それでもって、翌日 冷やしぶっかけうどんへのチャレンジ!

地元の〇〇うどんにある人気のうどんを再現すべく色々と試行錯誤して頑張ってみたところ

なんとなく近づけたかな・?  と。

盛り付けは悪いですが、まあ最初にしては先ず先ずの出来だと自己満足

刻みのりをもう少しバランスよく盛り付ければ よかったなあ。

 

そして台風がくる前日になんとかせにゃならんと 2か所の土地の残った雑草を

漉き込む事に!

午後からの作業だったが、曇り空の為、前回よりは少し涼しい。

おまけに2週間前に1回漉き込んでるのでロータリーの爪にも草がからまず わりとスムーズに

出来た。

でもやっぱり完全には漉き込めない。  どうしても根が残ってしまって・・・

トラクターでは限界か。  とはいえ 機械を買うのはもったいないし。

取り敢えず、機械メーカーの担当に聞いてアドバイスをしてもらうようにしよう!

 

あんまり、変わってないように見えるけど、まあ こんなもんです。

これで、畝立て出来なかったら、またもう1回 漉き込みが必要なのか。

この時期 やってもやってもきりがない。約3年間 こんなことをしている状況です・・・

早く1歩前進したいと思う今日この頃でした。

さつま汁(冷汁)を作ってみた

毎日 暑い日が続いていますが、熱中症にならないように体調管理には気をつけましょう!

メディアなどでは毎日のように猛暑日と報道されているように40℃超えのところも

あるようです。

 

地元 愛媛でも35℃超えなどここ最近では、当たり前のようになって

おまけに夜になっても中々、気温が下がらずエアコンのタイマーが切れると

あまりの暑さにたまらず、目が覚めて 又エアコンを入れる・・・なんてことは ここ近年なかった

ような。・・・

そういう訳で食欲もなく食べやすい料理は と思いついたのが、さつま汁(冷汁)。

7月23日 夕食はさつま汁に決定!!

 

先ずは鯛の切り身(今回は鯛で)を魚焼きグリルで焼く。

焼けたところで骨と皮は捨てて身を取り すり鉢にいれてほぐす。

麦みそをアルミ箔に適当量塗って オーブンで少し焼き 鯛の身と合わせながら混ぜる。

ほどよく混ざったら、出汁を少しずつ入れてのばして・・・

適度なトロミがついたところで冷蔵庫にて暫く冷やした。

 

その間、薬味の胡瓜を細く輪切りにして塩もみ。

糸こんにゃくは適当な長さに切ってさっと茹でて

豆腐は細かく サイコロ状に切って  刻み糊を準備

 

丼にごはんをよそおい さつま汁をかけて薬味をのせたら・・・ 完成!!

うん 中々いけますな  暑い日には最適の一品ですよ。

 

畑づくりの為の雑草処理

5月の連休中に雑草をトラクターで耕耘して処理をしてから、

2か月ほどで また凄い事になっている。

7月15日 朝6:00からこの2つの土地の雑草の処理を開始することに!

本当はもっと早くしたかったのだが、天候に恵まれず、もうこれ以上は後に延ばせないとの思いで

とにかく一念発起して行動をおこした。

ニュースなどで、猛暑が続くと聞いていたので、朝早くなら 大丈夫だろうと思い始めてみたのだが

その考えはあまかった・・・

7:00頃からじりじりと暑くなり、おまけにトラクターの熱も加わって もの凄い暑い。

また、この時期の草はやっかいでトラクターで1往復するだけで、ロータリーの爪に

草がからみついて、その度にトラクターを止めロータリーの爪の回転も止め鎌でからみついた

草を切って取り除く作業をしないといけない。

作業が捗らなくて非常に効率が悪いので時間はかかるし、暑いしで体力の消耗もはげしい。

水分補給も頻繁に行うが、暑さのせいで水がぬるま湯状態になっている。

最中 何度となく途中でやめようかと思いつつも  思いとどまり 気力で頑張ってみた。

予定していた時間を大幅に過ぎて一応 耕耘したけれどトラクターだけに やはり草の根から

粉砕はできないようだ。

もう1回耕耘かけないと、畑つくりの為の畝立ては 出来ないのだろうか?

一日も早く畝立てをしたいのだが・・・  中々 思うようにはいかないものである。

2つの土地共に、所々 草が残っている状態。

この時期、草はものすごい 勢いで生えてくるので 先が思いやられる・・・